妹に言いたいこと…

ワタシノイモウト

韓国人は頭がおかしい

韓国と国交断絶したい!と思ったけど、完全な断交は無理なんだろうなぁ

投稿日:2019年3月5日 更新日:

こんにちは、妹の兄です。

昨年末の「韓国海軍レーダー照射問題」、最近では「韓国による天皇謝罪要求」、2月22日の「竹島の日」、先日3月1日の「三・一運動」ということで日韓対立は激しくなっております。

他にも、「いわゆる従軍慰安婦問題」や「いわゆる徴用工問題」など、日本と韓国には様々な問題があり、そういう問題に関しても「最終的かつ不可逆的に解決」という内容で日韓合意が行われたのに、何度も何度も同じ問題を蒸し返してくる韓国をみて、「韓国と国交断絶したい」と思っている人も多いでしょう。

私も断交には賛成なので色々考えてみました。

私は日韓関係を考えるようになってまだ15年ほどですが、日韓の歴史を考えると、
1993年の「河野談話」
1995年の「村山談話」
私が生まれてもいない、1952年の「李承晩ライン」など、
何十年も前から日韓関係は対立していて、問題は何1つ解決していないのです。これは明らかに不自然です。

日韓関係は誰かの思惑によって、常に対立している状況を意図的に作られている。私はそう考えるほうが自然だと思います。

ルサンチマン・プロパガンダと反日教育

ルサンチマン・プロパガンダとは弱者が強者に対して、「憤り・怨恨・憎悪・非難」などの感情を利用し、外国に敵を作ることで自国を安定させるというプロパガンダ手法の一つです。これは昔からどこの国でもやっている常套手段です。

端的に言うと、韓国国民の反日思想が高まると韓国政府の利益になり、それを見た日本国民の嫌韓感情や反韓思想が高まると日本政府の利益になる。そして、日韓が対立している状況は“誰か”の利益になるわけです。

例えば、人間の思考というのは、昨日の夕食を思い出した後に明日の夕食を考えることはできますが、昨日の夕食を思い出しながら明日の夕食を同時に思い描くということは出来ません。

つまり、他国のことを考えていると自国のことが考えられなくなる。どーでもいい事を考えていると、どーでも良くない大事なことが考えられなくなります。国民の思考を操ることができれば、それは誰かにとって好都合なわけですね。

韓国政府による反日教育もそういう一面があるでしょう。

この人のように「韓国の反日教育はおかしい」と気づける韓国人もいますが、こういう人は稀で、多くの韓国人は反日教育を信じ、反日思想を持っています。

なぜなら教育というのは洗脳だからです。

私は赤ちゃんの頃から反日とか嫌韓という人を見たことがありません。教育やメディアによって誰かにとって都合の良いイデオロギーが刷り込まれ、そして、それが自分の思考であるかのように洗脳されるわけです。

韓国の反日教育はアメリカが作った

「韓国に反日教育は無い」という韓国人がいます。たしかに「『反日』という教科」は無いでしょうけど、韓国の歪曲された歴史教育が反日につながるわけですから、韓国の歴史教育=反日教育と言えます。

では、韓国の反日教育を作ったのは誰か?それはアメリカです。

政治権力掌握の手段、つまりルサンチマン・プロパガンダとして「反日」を利用したのは大韓民国初代大統領の李承晩です。そして、その李承晩を初代大統領に就かせたのはアメリカです。

なぜアメリカが?

アメリカは日本人を愚民化したかったのです。それは3S政策やWGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)という占領政策が行われたことでも明らかですし、韓国の「反日」を利用することでアメリカに視線を向ける日本人が少なくなるわけです。アメリカは怖かったのでしょう。

3S政策とは何か?アメリカ(GHQ)の占領政策「3S政策」でマインドコントロールされている現在の日本人

アメリカは何を恐れていたのか?

ここからは私の推測になりますが、戦後、日本が二度とアメリカに歯向かわないような従順な犬として日本人を飼い慣らすという目的があったのは確かですが、戦後もっとも恐れていたのは「戦時国際法違反」だと思います。

東京大空襲や、広島や長崎への原爆投下、南京大虐殺というねつ造、そして東京裁判。そのような国際法違反に対して国際批判されるのが怖かった、日本人に騒ぎ立てられるのが怖かった。私はそう思います。

戦後は「戦時国際法違反」、今は何から目を背けさせたいのか分かりませんが、とりあえず、多くの日本人の頭の中に「韓国」が入り込んでいるのは事実です。それは嫌韓や反韓の人たちでもあるし、韓流ドラマやK-POPに夢中になっている人たちでもあるのです。

「韓国」に思考を奪われている日本人、そして、それに利用されている韓国人は共に被害者や犠牲者だと言っても過言ではありません。

韓国の国定教科書では、大韓民国の建国の年を1948年から1919年に改訂したらしいです。そうすると、日韓併合の時代はもちろん、大韓帝国や李氏朝鮮の歴史もメチャクチャになってしまいます。

歴史というのは過去に起こったたった1つ真実です。それを平気で変えてしまうのが韓国政府です。そして、それに振り回されているのが日本人です。

日本人のプライドを守るための断交

私は韓国も韓国人も大嫌いです。当たり障りない言い方であれば、「反日の韓国人は嫌いだけど、親日の韓国人は好き」と言えば良いのでしょうけど、私は正直者なので、反日でも親日でも韓国で生まれ韓国で育った韓国人は全て嫌いです。

これは韓国人を差別しているわけではありません。韓国の歴史を一通り学び、韓国の文化や風習、政治や経済、国民性など、ある程度のことを尊重し理解した上で、すべての韓国人が嫌いなのです。例えば、パクチーが好きな人・嫌いな人がいるように、「私は韓国も韓国人も大嫌い」というのは私の個人的な感想です。

【追記】
もし「私は韓国も韓国人も大嫌い」という個人的な感想がヘイトスピーチ解消法に抵触するのであれば、我が国の言論の自由は終わっています。

さて、最近は「韓国と国交断絶するべきだ!」みたいな意見を耳にします。
どの程度の断交レベルかにもよりますが、私も断交には賛成です。日本は間接民主主義の国ですから国民の民意が政治に反映されることはほぼありません。しかし、断交を望む国民の割合が非常に多いわけですから、普通なら「国民投票」でもやって賛否を問うべき問題と思うのです。

日韓国交断絶すべきか? - 投票/アンケート

「韓国と断交」というと、「対韓貿易収支は黒字なんだから断交すると国益が!」と言う人がいます。韓国と断交すると、確かに経済的デメリットは当然あるわけですが、それでも断交したほうが長期的には日本の為になると考えます。

韓国と断交したほうが良い理由を言い出せばキリがないほど沢山ありますが、そうですねぇ、「いわゆる従軍慰安婦問題」の話をしましょう。

この問題の本質を理解している日本人は意外と少ないです。「慰安婦?大昔の話でしょ?」「韓国がデタラメなこと言ってるだけでしょ?」と、どこか他人事のように考えている人がいます。

しかし、これは確実にあなたに影響する問題です。

簡単にいえば、
「日本人の先祖は強姦魔だから、お前は性犯罪者の子孫だよな?謝罪しろ!金よこせ!」
と言われているようなものなのです。

戦時中、「慰安婦」という方々は確かにいました。しかし、強制連行があったのか、なかったのか、それが1つの争点であり、強制連行はなかったというのが私の結論です。韓国側の主張は100%嘘です。

韓国側の主張する嘘によって、あなたやあなたの先祖、そして、あなたの子どもや孫まで侮辱されているんですよ

これはお金の問題ではなくて、日本人としての誇りの問題なのです。
私は日本人ですから、同じ日本人が侮辱されている今の状況を悲しく思います。

日本人とは何か?民族浄化によって日本人が絶滅危惧種になる危険性と失われつつある愛国心

そして「国益」というのであれば、韓国人や中国人によってアメリカ、カナダ、フィリピン、台湾など世界各国に慰安婦像が設置されている現状は軽視できません。

「慰安婦像」という銅像が何を意味するのか?を考えられるのは日本人と韓国人だけであって、慰安婦像を設置された現地の人たちは「なんだこれ???」ぐらいにしか思わないわけです。「へー、日本人って韓国人に酷いことをしたんだなぁ」と思うでしょう。

実際にですね、3ヶ月ほど前に日系アメリカ人の知人が日本に遊びに来ていたので軽くお酒を飲みながら食事をしました。アメリカ人は日本人とは違って普通に政治の話ができるのですが、「トランプ大統領があーだ、こーだ」という話を聞いた後、「そいや、昔の日本人は韓国人に対して酷いことしたんだよね?慰安婦だっけ?」みたいなことを言われましてね、「いや!それは違うよ!」と言いかけましたが、本当に理解してもらう為にはじっくり時間をかけて真剣に話さなければいけない問題ですし、楽しい雰囲気で食事している最中に語る話ではないと断念せざるを得ませんでした。

このように在米韓国系のロビー活動によって、誤解してしまうアメリカ人がいるわけでして、そういう誤解が世界中に大きく広がったらどうなるでしょう?きっと日本は国際社会から軽蔑されます。

日本製品の需要低下はもちろん、日本人観光客は後ろ指を指され、日本のことを大好きな外国人や、日本に投資したいと思う外国人投資家は減少してしまうでしょう。そうなると、あなたの未来、あなたの子どもや孫にまで影響する問題であり、もう「国益が~」なんて言ってられる状況ではなくなるでしょう。

まとめ

私はこの記事を書くのに約3時間という「時間」を費やしました。
韓国に関する書籍は20冊ぐらい「お金」を出して購入しました。
韓国が新しい問題を起こすたびに私の「思考」は奪われました。

これは本当にバカバカしく思いますし、ここまで読んで頂いたあなたの「時間」や「思考」も奪ってしまいました。

なぜ、私たちのような一般庶民が韓国に振り回されなければいけないのか?

それは日本政府が日本国民を上手にコントロールできていないからです。

「国民をコントロール」というと「悪」っぽい印象を持たれるかもしれませんが、国民を悪い方向に誘導すれば国民にとって悪、良い方向に導くのであれば国民にとって善であり、それ自体に善悪があるわけではありません。そして国家を統治する為には国民をコントロールして管理する必要があります。どの国でも。

例えば、最近でいえば、イエローベスト運動というフランスのデモ活動ですが、社会問題になるような大きなデモが起こるということは、その国のガバナンスが効いていない状態なんですよね。

イエローベスト運動ほどではありませんが、日本でも日韓断交デモが行われています。

日韓断交デモの良し悪しは置いといて、日本国内において日本人によってデモが起きているという現実は「怒り」や「不満」という国民感情が高まっているわけです。当然です。韓国から何をされても何を言われても「遺憾の意」しか言えない日本政府ですからね。

「日韓関係を改善するためには~」と的外れなことを言う人がいますが、日本国民の大多数は「改善」なんて望んでいないでしょう。多くの日本人が望んでいるのは「断交」です。

日韓にある問題は何一つ解決していませんし、韓国に住んでいる日本人、日本に住んでいる在日韓国朝鮮人がいます。また、日本と韓国はアメリカの子分みたいな立場ですから、完全な国交断絶というのは現実的に難しいでしょうけど、日本政府にはインバウンドによる経済効果よりも、ビザなし渡航制限制裁ぐらいのことをやって「日本人は怒ってるんだぞ!」という意思表示はしてもらいたいと思います。



-日本

Copyright© ワタシノイモウト , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.