妹に言いたいこと…

ワタシノイモウト

韓国人の帰化(日本国籍取得)について日本人の私が言いたいこと

投稿日:2019年7月7日 更新日:

こんにちは、妹の兄です。

まずはじめに、私は韓国人が嫌いです。しかし偏見も嫌いなので、韓国人の帰化について思うことをできるだけ公正に書きたいと思います。

日本国籍を取得する韓国人に言いたいこと

在日韓国朝鮮人ではなく、韓国生まれ韓国育ちの韓国人が日本に帰化(日本国籍を取得)するケースが近年増えています。

先日、そのような方がYouTubeに動画をアップしていました。

このWWUKさんという韓国人の方が日本に帰化する理由は、日本の映画やDVDを観たことをきっかけに日本が好きになった。日韓歴史問題を学ぶうちに韓国の歴史教育が真っ赤なウソだと気づいてショックだった。日韓の真実を知ることでさらに日本に興味を持ち、日本のことが好きになり、日本で暮らしたいと思うようになった。日本の文化、環境、食べ物、日本人の持つ人間性に敬服している。

なので、これからの人生もここ日本で自分の命が尽きるまで生きていこうと思ったそうです。そのように言っていただけると日本人として嬉しく思います。

しかしですね?

自分が生まれ育った母国に対する愛国心や韓国人としてのプライドはないのでしょうね。

日韓の歴史を学び真実を知ったということなので、韓国の政治や経済、歴史、文化、教育、国民性などに幻滅し、母国に失望されたのかもしれませんが、それでも「国籍」というのは1つのアイデンティティであり、自分らしさを自ら否定して生きていくことに羞恥心はないのでしょうか。

私が住んでいる福岡には、ミカエラさんというカナダ出身の方がいます。

ミカエラさんもYouTubeをされていて、「帰化について思うこと」を動画にされていますが、ミカエラさんの意見が私には正論に思えます。

ミカエラさんの動画の多くは英語と日本語字幕で作成されています。それは福岡の魅力を多くの人に紹介したい、日本の素晴らしさを世界に発信したいという純粋な気持ちの表れではないでしょうか。

では韓国人ユーチューバーはどうでしょうか?

これはWWUKさんに限ったことではありませんが、日本で活動されている韓国人YouTuberというのは、「韓国人が教える韓国の○○」とか「韓国人が驚いた日本の○○」など、韓国を主体としたネタを日本語で紹介する動画を多くアップされています。

つまり韓国人は日本人に対して何らかのメッセージを意図して発信しているわけです。

韓国に魅力があるかは別として韓国の魅力を日本に広めたいとか、日本人に嫌われない為の親日アピール、韓流ドラマやK-POPに夢中になっている日本人をターゲットにYouTubeで広告収入を得るなど、韓国人が日本人に向けた動画は、日本や日本人を都合のいいように利用しているとしか思えません。

日本国籍を取得しなくても日本で暮らせるのに、「日本が好きだから日本で暮らしたい」という理由だけで、韓国籍を捨てて日本に帰化するということは日本国籍にそれだけのメリットがあるのでしょう。就職か生活保護か日本人女性か分かりませんが、何らかのメリットがなければ日本に帰化する必要はないわけです。

そのようなメリットが無くなった時、または日本や日本人に利用価値が無くなった時、日本に帰化した韓国人は日本国籍を捨てるでしょう。母国である韓国籍を捨てられるぐらいですから。

韓国人の帰化を歓迎している日本人に言いたいこと

さて、ここからが本題です。

韓国人から「日本が好き」とか「日本人は素晴らしい」と言われると、日本人として嬉しくなり、そのように言ってくれる韓国人の帰化を応援したくなる日本人も多いでしょう。

しかし、それは単純に「好意の返報性」という心理が働いたに過ぎません。

心理学は自分が使う分には便利なものですが、自覚の有無にかかわらず、相手から使われると正常な判断ができない心理状態に陥ってしまいます。

そのため、「貴方なら大歓迎です!日本国籍の取得、頑張ってください!」と韓国人の帰化を歓迎したくなる気持ちも分かりますが、それだけの理由で韓国人の帰化を歓迎するのはあまりにも無責任です。

個人に対して責任を持てとは言いませんが、「韓国人の帰化を歓迎する」とは何を意味するのか?それは冷静になって考えてみる必要があるでしょう。

日本人が絶滅危惧種になる

サンフランシスコ講和條約発効後の68年間で、在日韓国朝鮮人を含め、約60万人の外国人が日本国籍を取得しています。

では、日本人口1億2,000万人中の60万人が外国系日本人なのかと勘違いする人もいますが、在日1世が帰化すると、その子どもは生まれたときから日本国籍なので、世代の移り変わりに伴い、ものすごい勢いで外国系日本人が増えていくのです。

例えば、日本に帰化した外国人が日本人と結婚して3人の子どもを産んだとします。

その時点で日本人1人、外国人1人、1/2混血(ハーフ)3人の家族構成になりますが、その3人の子ども達が日本人と結婚して3人ずつ子どもを産むと、9人の1/4混血(クォーター)が誕生し、そのペースでいくと、1/8混血が27人、1/16混血が81人、1/32混血が243人…と、世代が変わるにつれて混血が増加し続けるのです。

私は混血が悪いと言っているのではありません。命に優劣はなく平等であるべきだと考えますが、混血の増加に伴い、相対的に純日本人が減少してしまうことが問題ということです。

法務省では帰化許可者数は把握していますが、その子孫について人口統計は取っていません。ですから、推計するしかないのですが、現在、日本人口1億2,000万人中、2,000万人が外国系日本人と推計され、6人に1人が外国系日本人といわれています。

さらに、今年4月に施行された「改正出入国管理法」や2008年に施行された「国籍法改正」、韓国朝鮮人の密入国、戸籍売買、偽装結婚、背乗りなど、“日本人の”人口が減少する要素がいくつもあるわけですから、このままだと4人に1人が外国系日本人、2人に1人が外国系日本人という未来もそう遠くはない話になってしまいます。

先ほど、1/16混血とか1/32混血という薄い混血の話をしましたが、今回のように新しい外国人が日本に帰化するということは、さらに混血が強くなり、純血が弱くなるということなんです。

このままだと日本人は絶滅危惧種になり、日本に住んでいる日本人が外国人に従わなければ暮らしていけないとか、結婚適齢期の日本人が同じ日本人と結婚することができないという異常な事態を招いてしまいます。今でもそういう傾向はありますが。

そのような未来を下の世代に残さない為に、いま、私たちの世代が無責任になってはいけないのです。

韓国・朝鮮人の人間性

私が韓国・朝鮮人の人間性を一言で表すとしたら「非道」という言葉を使います。

1910年の日韓併合によって、朝鮮半島を出自とする朝鮮人たちの国籍は日本籍でした。しかし、日本が第二次世界大戦に敗れると、朝鮮人たちは「日本人は負けたが朝鮮人は勝った!」という身勝手なことを言い始めます。

朝鮮人たちは「我々は戦勝国民だ!」といって、日本人に対して略奪・暴行・殺人・強姦を繰り返し行いました。白昼堂々、幼児を連れた母親を複数の朝鮮人が押さえ付けて子供の目の前でレイプする。考えるだけでおぞましく、怒りを覚えると同時に悲しい気持ちになります。

それは朝鮮半島だけでなく、日本にいた朝鮮人もまた日本人を虐殺し、日本人女性を強姦、家屋を強奪、空襲で焼け野原になって所有権が曖昧な土地を「ここは俺の土地や!」といって勝手に奪い、今では駅前一等地にパチンコ店が建っています。ちなみに今でもパチンコ経営者の約8割は在日韓国・朝鮮人です。

このような朝鮮人たちを「朝鮮進駐軍」と言います。朝鮮進駐軍についてもう少し詳しく知りたいという方は「朝鮮進駐軍の非道を忘れるな」というブログ記事をご覧下さい。

「昔の話でしょ?」とか「在日コリアンの話だろ?」、「今の韓国人は違う」といった意見もあるかと思います。しかし、現代においても韓国人の人間性や国民性の低さがよく分かる出来事がありました。それが「セウォル号沈没事故」です。

セウォル号沈没事故からわかる国民性の低さ

2014年4月16日、韓国で起きたセウォル号沈没事故。死者295人、行方不明者9人の大惨事は記憶に新しいのではないでしょうか。

この沈没事故が起こったとき、船長や船員は、乗客の救助や避難を後回しにして真っ先に逃げ出しました。乗客を助ける努力をせず、船長や船員が我先に脱出したというのは日本人の常識では考えられないことです。

もちろん人間ですから、身の危険を感じたら困惑して乗客の救助や避難の呼びかけを忘れてしまうこともあるでしょう。

しかし、セウォル号の船長と船員は一般客に成りすます為に制服を脱ぎ捨てていたのです。つまり、困惑していたわけではなく、そのような偽装工作ができるほど冷静かつ計画的に乗客を見捨てたのです。

これが韓国人の国民性の低さです。と言いたいところですが、事故後も韓国人たちの行動は最低でした。これは百田尚樹氏の著書から一部引用させていただきます。

事故後に起こった騒動もうんざりするようなものばかりでした。
 行方不明者の家族や遺族が集まる港や体育館に、無関係な人間がやってきて、被害者家族を装って食事をしたり、備品を盗んだりする事件が多発しました。そのため、寝具、服、非常食、薬、トイレットペーパーなどが大量に盗まれました。
 また行方不明家族に「金を出せば救出してあげる」と持ち掛ける詐欺が頻繁に起こりました。他にも行方不明者に支給される救援物資を狙った窃盗事件が何件もありました。
 救助現場の動画が見られるという詐欺メールが数多く出回りました。このほかにも遺族が集まる体育館で記念撮影するカップルや、好奇心で遺族などに近づく人が後を絶ちませんでした。
引用:今こそ、韓国に謝ろう

乗客の救助や避難を後回しにして真っ先に逃げ出した船長や船員もそうですが、死者295人、行方不明者9人という大事故に便乗して、窃盗や詐欺が発生する韓国の国民性は最低だと私は思います。

韓国・朝鮮人による日本の犯罪検挙率

韓国人の帰化を歓迎するのであれば、韓国・朝鮮人による日本の犯罪検挙率を知る必要があります。

在日特権と犯罪」によると、日本人が犯罪で検挙される割合を「1」とした場合、在日韓国・朝鮮人の犯罪検挙率は3.05倍とされています。ちなみに来日は4.23倍

人口割合の関係で、単純に「犯罪数」で考えることはできませんが、日本人と比較すると、韓国・朝鮮人は日本人の約3、4倍の犯罪を犯す危険性があると言えるでしょう。

韓国・朝鮮人の犯罪は少ないように思うかもしれません。しかしそれは、在日韓国・朝鮮人が日本国内で日本名を名乗れる在日特権「通名(つうめい)」を使用していたり、ニュースの中で「40歳男が~」のように年齢と性別しか報道しない場合もあるからです。

私はニュースで事件が報じられる度に、「この容疑者は本当に日本人なのだろうか?」という疑問を持ちます。

先ほど、「日本人が犯罪で検挙される割合を『1』とした場合」と言いましたが、その「1」という割合の中には、純日本人だけでなく、帰化した元在日韓国・朝鮮人、外国系日本人、新しく日本国籍を取得した外国人も含まれるわけですから、純日本人による犯罪というのは10件に1件ぐらいと推測しています。

そもそも純日本人には「愛国心」があります。

もし、あなたが日本人であって「愛国心」という言葉に嫌悪感や抵抗感があるのでしたら、それは街宣右翼によってマインドコントロールされている可能性があります。

少し話が脱線しますが、街宣右翼の目的は私たち日本人から愛国心を奪うことです。

日章旗を掲げた黒塗りの街宣車に乗り、君が代や軍歌を大音量で鳴らし、天皇制や自衛隊を主張する街宣右翼を見ると、誰でも嫌な気持ちになって「関わってはいけない」という印象を受けます。

「日章旗を掲げてはいけない」、「君が代を歌ってはいけない」、「天皇制や自衛隊に関心を持ってはいけない」、「日本の政治に関心を持ってはいけない」。私たち日本人にそう思わせ、日本人から愛国心を奪うことが街宣右翼の狙いであり、彼らの正体は右翼を装った朝鮮人左翼なのです。

悲しいことに、そのような幼稚な手段に騙され、愛国心を奪われている日本人は少なくありません。

話を戻しますと、自分が生まれ育った地域には誰でも地元愛や郷土愛があると思います。それを愛郷心と言います。

それと同じように自分が生まれ育った国には愛国心があり、日本を大切にしたいとか、日本人に優しくしたいという心が日本人にはありますから、日本を汚すような犯罪や日本人を傷つけるような犯罪を犯す日本人は少ないのです。

愛国心を持って生きることで、日本中の子ども達が「日本に生まれて本当に良かった」、「日本人であることが誇らしい」と、そのように思ってくれたら嬉しいではありませんか。

ところが、外国人は日本に対する愛国心がありません。それは良いとか悪いとかの話ではなく、外国人は外国で生まれ育ったので、日本ではなく母国に対する愛国心があって当然なのです。普通は。

しかし、普通ではないのが韓国・朝鮮人です。

日本人の私は、この事を理解するまでに相当な時間を要しましたが、韓国・朝鮮人には「愛国心」という概念そのものが無いのです。

日本は海という自然の要塞に四方を囲まれています。そのような日本で生まれ育った日本人は気づきにくいのですが、朝鮮半島というのは地政学的に不利であり、歴史的にモンゴル帝国や明や清など他国から侵略され、北部から南部に逃げても海で行き止まり。袋のネズミ状態です。

そのため、朝鮮は900回以上も他国から侵略された歴史があり、そのたびに服従してきた民族が韓国・朝鮮人なのです。

また、朝鮮半島の中でも高句麗・百済・新羅の三国時代を経て、統一王朝となる高麗・李氏朝鮮・大韓帝国、と思ったら日本統治、そして大韓民国と北朝鮮の南北分断。朝鮮を長い歴史で見ると、1つの国としてまとまる事がほとんどありませんでした。

可哀相ですが、韓国・朝鮮人には「祖国」と呼べるような国の歴史が無い、または浅いため、自国に対する愛国心が生まれないのは当然だと思います。

ですから、韓国人が日本国籍を取得しても日本という「国家」に帰属することはなく、朝鮮民族、または韓民族という「民族」に帰属するのです。

それは朝鮮進駐軍の日本人に対する非道な行為や「日本人は負けたが朝鮮人は勝った!」という言葉からも分かるでしょう。

また現代においても、パチンコ依存症で苦しむ日本人がいてもパチンコ店を経営したり、薬物中毒になって苦しむ日本人がいても覚せい剤を密売したり、日本の税収が減っても金を密輸して脱税したり、日本人高齢者の老後の蓄えを奪ってでも詐欺を繰り返します。

韓国・朝鮮人は日本や日本人を食い物にして、自分たちの腹が膨れればよいという自己主義的な考え方しかできないのです。

韓国人の帰化を歓迎する日本人の方に言いますが、韓国人が日本に帰化するということは、日本での犯罪が確実に増えるということなんですよ。その韓国人が犯罪に直接関与しなくても、間接的に日本での犯罪が増え、その犯罪によって犠牲者や被害者となって苦しむ人がいることを知っておいてほしいのです。

反日か親日か?善人か悪人か?

「反日感情を持つ韓国人は嫌だけど親日なら大歓迎!」とか、「この韓国人は悪い人じゃない!良い人だから大歓迎!」という人もいますが、それをどうやって判断しているのでしょうか?

おそらく個人の主観による判断だと思います。

主観は思い込みとも言い換えることができ、何か物事を判断するときは主観だけでなく客観的にあらゆる角度から考える必要があります。

今回、日本に帰化したいという韓国人のWWUKさんですが、私はこの人と会ったことはありませんし、話したこともありません。動画では中学2年生まで韓国に住んでいて、その後オーストラリアに留学したと仰っていますが、それを自分の目で確かめたわけではないので、その話が本当なのか嘘なのか私には分かりません。

つまり私は、WWUKさんのことを何もわからないということです。

これから蚊が多くなる時季ですが、例えば、部屋のソファーに座って読書でもしているときに、ブ~ンと目の前に蚊が飛んで来たら、私は躊躇なくその蚊を殺します。

その蚊を生かしておくと私は刺されるかもしれないし、刺されないかもしれない。それは私にはわかりませんが、わからないからこそ、その蚊を殺しておくことで、その蚊に刺されるというリスクは無くなるわけです。

勘違いしないで下さいね。私は韓国人を殺そうなんて恐ろしいことを言っているわけではありません。

わからない事を判断するときは、自分が考えられる最大限のリスクを想定して客観的に判断すべきと言いたいのです。

なぜ、オレオレ詐欺のような特殊詐欺が無くならないかというと、もちろん詐欺師や詐欺集団がいるからですけど、詐欺に引っかかってしまう人が絶えないから詐欺師や詐欺集団が無くならないとも言えるわけです。善悪は別として。

「母さん、オレオレ、オレだけど、」と電話がかかって来て、「私のことを『母さん』と呼んでいるから息子に違いないわ!」と主観で判断し、自分の息子だと思い込んでしまう。

客観的にみると、それが危険な判断であることは誰にでも分かることですが、「自分の息子に違いない」と、一度そう思い込んでしまうと、物事を客観的に見れなくなるのが人間の弱さです。

「あなたを信じる」とか「自分を信じる」というと素敵な言葉のように感じますが、自分がわからないことは疑ってみるべきですし、それが間違いと分かったときは、「疑って申し訳ありませんでした」と言えば良いのです。

韓国人のWWUKさんは親日かもしれないし、親日を装っているのかもしれない。良い人かもしれないし、悪い人かもしれない。それは私には分かりません。

しかし、「日本が好きと言っているから親日に違いない!」とか、「日本人の持つ人間性に敬服していると言っているから良い人に違いない!」と安易に思い込むのは、オレオレ詐欺の「母さんと言っているから私の息子に違いない!」と同じなので注意しなければいけないでしょう。

まとめ

私は、WWUKさんに個人的な恨みがあってこのような記事を書いているわけではありません。また、日本に帰化する韓国人が悪いわけでも、韓国人の帰化を歓迎する日本人が悪いわけでもありません。

ただ、日本の未来を想像すると心配になるのです。

あえて何が悪いのかと言えば、外国人が日本に帰化することによって様々な問題が生じているにも拘わらず、根本的な解決策を示さないまま、バナナの叩き売りのように日本籍を売っている日本政府に問題があると言えるでしょう。

しかし、それさえもこの問題の本質ではないのですが、長くなりそうなので、いつかまた別の記事で書きたいと思います。



-日本

Copyright© ワタシノイモウト , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.